節分ってなぁに?

2021/01/19

明日 1月20日は、
”一年で一番寒い時期”といわれている
大寒(だいかん)を迎えます。

 

大寒(だいかん)は、

二十四節気の24番目で、

「最も寒い時期」という意味らしいです。

 

一年を24で割って、約15日ずつ区切ったのが、

二十四節気。(にじゅうしせっき)

 

そして、それが終われば、立春を迎えます。

立春。新しい春。

いわゆるまた新しいサイクルが始まる日となるわけですね。

 

ということで、

大寒の最終日、立春の前日の節分に、

私たちは昔から魔(マ)を滅(メ)する豆(マメ!)をまき、

新しい春を迎え入れる準備をしていたわけですね。

 

なので、

節分の豆まきは「年越し」の行事でもあるんですね~

日本の文化を知れば知るほどおもしろい!

魔を滅する豆

 

そもそも平安時代から、

「季節の変わり目には、鬼(邪気)が入り込んで悪さをする」

という現象がたびたび起きていたようですね。

 

今は、目には見えない世界は信じる人は少ないですが、

昔の陰陽師は、今の国家公務員で、

この国をそういった力から守ってくださっていたんですね。

 

鬼(邪気)を封印したり、

追いやったりするのが普通だったのかもしれませんね。

 

いやはや現代では想像もつかない、

今ではマンガのような世界ではありますが・・・

 

とにもかくにも、

そんな鬼(邪気)を追い払うのに、

「豆」が使われていたんですね~

 

豆には穀物の霊が宿り邪気を払うとされたんだとか。

豆を食べてパワーをみなぎらせていたんでしょうか。

 

調べれば調べるほど、気になる日本の伝統行事ですが、

 

なんやかんや述べましたが、

2月2日には、「鬼は外、福は内!!」

 

みんなでおもいっきり豆をまき、魔を滅して!

南南東を向き、無言で恵方巻をかぶり、福を呼び込みましょう!

 

今年もみなみなさまに福が大いに舞い込んできますように。

一の谷は、「福よこい!」と願いを込めて、

恵方巻作らせていただきます!!!

鬼は外~、福は内~!

 

鬼(邪気)もコロナも追い出して、

明るい未来を夢見て歩んでいきたいところです♪

今年も、鬼が鰯(イワシ)を店頭で焼く予定です!お楽しみに☆

一の谷ブログ一覧

ご予約前日17時まで変更を受け付けておりますので、詳細がお決まりではない場合もお気軽にご予約ください。



ご予約・ご注文・お問合せ

フリーダイヤル

0120-16-5044

電話受付:9:30~18:30
【定休日】
お食事/12/28~1/3 
仕出し・宅配/月曜・12/30~1/3
【営業時間】
お食事/10:00~20:00入店まで 
仕出し・宅配/10:00~19:00

ご予約・ご注文の受付は2日前までとなっております。
前日のご予約・ご注文についてはお受けできないこともございますので、必ずお電話にてご連絡ください。

ご予約前日の
17時まで
変更OKです



ご予約・ご注文

フリーダイヤル

0120-16-5044

電話受付 9:30~18:30